撤収&反省会

18回目にして遂にお天気にたたられた「やさとクラフトフェア」本番がどうにか終わりました。
ご来場の皆様、各方面でご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。楽しい時間を過ごしていただけたでしょうか?出展者の皆様もお疲れさまでした。撤収時、雨に濡れて風邪など引いていませんでしょうか?

さて、地元出展者は、もうひと踏ん張り。疲れた身体にムチ打って会場撤収が残ってます。

11/21、9:00集合。空は真っ青!!
看板係は、すでに八郷中に立てた案内板の回収に向かっています。
残ったメンバー全員で、ステージと入り口ゲートの解体、会場と周辺のゴミを拾って分別。駐車場までの道路に落ちているタバコの吸い殻や、フェア以前から捨てられていた様な空き缶も拾っていきます。
ひなたぼっこしているお年寄りとチョット立ち話もしたりして(笑)ポカポカあったかくて、紅葉が始まった山々もきれい。遠方からの出展者やお客様に、この景色を見せたかった。

残るは、テントの撤収ですが、地面のぬかるみが強く、テントはまだたためないので、明日正午から作業再開にして今日は解散。


11/22、12:00集合。今日も良い天気!!見て下さい、この青い空!
b0119617_16573148.jpg
(誰ですか?まだテントに物を残しているのは!?)

2日続けての作業とあって、さすがに参加者が少ないけど、皆で手分けして、片っ端からテントを解体して行きます。テントによって脚のたたみ方は様々。重労働だし、勝手が分からず四苦八苦しても誰かしらかが助けてくれます。秋空の下での肉体労働は気持ちよい。

b0119617_171370.jpg一通り解体が終わったところで一服。

とってもパワフルに作業していた陶芸家の小島氏を撮影。この道40年のベテランです。


某Y氏からのコーヒーを飲んで作業再開。
返却ルートごとに飯田&根岸氏の車両に分けてテントを積み込み、2台で出発。ここで、ほぼ解散としました。

あと残っているのは、ステージの土台に使った農業コンテナの山のみ。根岸氏が戻り次第積み込んで返却に向かいます。
コンテナは、美味しい黒豚さんを飼育している鯨岡の三輪豊氏から、テント運搬に使用しているトラックと一緒にお借りしています。三輪さん、いつもありがとうございます。

みんな、本当にお疲れさまでした。
(管理人は、明日、筋肉痛に悩まされそうです。笑)


11/24、19:00〜、打ち上げ&反省会
シャモ鍋や差し入れのケーキを頬張りながら、和やかにスタート。例年より出席者が少なかったのは、事前アナウンスが不足していたのかな。来られなかった方の分も皆で美味しくいただきました。

反省や次への課題は、個人としてもフェア全体としても、毎年、山の様にあるんです。特に今年は、「お天気」と云うどうしようもない現象への対応を学ばせてもらった三日間でもあり、忘れていた初期の頃の運営を思い返す機会にもなりました。この経験は、絶対次への教訓にしなくては!!

会期中にいただいたお客様の声や、地元近隣住民からの声、県外出展者からの「来年も来ます!」の嬉しい報告の他、ちょっと耳の痛い報告もあり、それぞれの立場、視点での意見と感想を忌憚なく話すうちに、議論はどんどん白熱して、アッという間に夜が更けて行きました。
白熱するのも、ひとえに「やさとクラフトフェア」を、もっともっと良いイベントにしたいから。
私達は「八郷」が大好きで、「みんなで作る、やさとクラフトフェア」を愛しちゃってるんですよ。

「やさとクラフトフェア」は、関わる全ての人が、全員で作りあげる素敵なイベントです。
[PR]
by yasatocrft | 2011-11-22 17:44 | 18回目(2011)会場レポ
<< 打ち上げ&反省会スケジュール 他力本願、他へのリンクレポート >>